花粉症とアレルギー性鼻炎: 花粉症の雑学

花粉症とアレルギー性鼻炎

花粉症っていうと、一番多いのは春のスギ花粉症だよね。まあ一種のアレルギー性鼻炎なんだけども、実際には微妙に違うともいえるんだ。

花粉症はその名のとおりに植物の花粉に反応する症状で、アレルギー性鼻炎はハウスダスト・ダニ・ネコの毛等に反応する症状を言うみたい。

場合によっては花粉症と一般的なアレルギー性鼻炎では、医者の薬も違うみたいなので要注意だね。まずはちゃんと血液検査をしてもらって、自分の症状を把握する必要があるんだ。

特にスギ花粉が飛び始める頃って言うのは、雨が少なくて空気が乾燥する冬の終わり頃でしょ。だから花粉症かと思っていたら、実はハウスダストに反応が強く出てることもあるとか。

それにスギ花粉が飛び終わった頃、周りが花粉症の症状が緩和した頃になって、急にひどく反応する人もたまにいる。

つまり花粉症とひと言に言っても、反応する植物の種類が違う事だってあるんだ。もちろんアレルギー性鼻炎となれば、原因がまるで別のものになっちゃう。

まあ一番厄介なのは複数の花粉に反応する人や、ネコをはじめとした動物の毛に対する反応を併せ持つ人。花粉症が治まっても、また別のものに反応するから大変。

花粉オンリーの場合でも、反応するのが一種類じゃないと一年中花粉症の症状が出ちゃう。それに場合によっては海外に旅行に行って、旅先で花粉症の症状が出ることも珍しくないとか。

アレルギー性鼻炎の場合にも、旅行先で急に反応してしまったりすることもあるから要注意。まあまずはちゃんと病院に行って、自分がどのタイプのアレルギー体質なのかを知ることだね。

備えあれば愁い無しともいうから、まずは花粉症なのかそれともアレルギー性鼻炎なのかを見てもらうこと。クシャミや鼻水はどちらでも同じように出るから、ちゃんと検査を受けようね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。