花粉症と食生活の欧米化: 花粉症の雑学

花粉症と食生活の欧米化

花粉症になりやすい食生活っていうと、やっぱり欧米化した食生活らしいんだ。昔の日本人は牛乳や乳製品なんて、殆ど採らなかったでしょ。

だから花粉症って言うのは戦後急に患者が増えたみたいで、アレルギー体質の人が増えたのは食の欧米化が原因とも言われてるんだ。

特に花粉症になりやすい食事には、油を使った揚げ物やバター等。ほかにもやはり油を使うクリームやマヨネーズも良くないらしいんだ。

ではこれらの脂っぽい物を多く摂取する食生活が、なぜ花粉症体質を作るかのか?それはどうやら脂物の消化の悪さが原因で、アレルギー体質を作りやすくするみたい。

実はこの脂っていうのは消化不良を起こしやすくなって、腸の中にたまりやすくなる。そうなると腸の繊毛運動が悪くなって、体が異物と判断するんだって。

そうなると今度は免疫系が刺激されてしまい、活発に働き出しちゃう。それが結局アレルギー体質になって、春先のスギ花粉などに過敏に反応するんだってさ。

そもそも日本人は欧米人に比べると胴が長い、つまり消化器官が長くできてる。農耕民族と狩猟民族の違いらしくて、野菜を食べるには適しているけど、肉などを食べるには適していないんだ。

ようするにからだの中に食品が滞在する時間が長くなって、必要以上に消化吸収しちゃう。だから欧米人よりも食べる量そのものが少なくっても、メタボリックシンドロームになりやすい。

その上に花粉症まで引き起こすのだから、食生活を思い切って和風にしない限りはなかなか体質改善は難しいのかもしれないよね。

まあ一般的に子供の方が花粉症になりやすいし、老人には比較的少ない感じでしょ。やっぱり食生活が影響していることは間違いないので、食べるものには気をつけて花粉症に立ち向かいたいものだよね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。