花粉が飛びやすい日: 花粉症の雑学

花粉が飛びやすい日

花粉が飛びやすい日の条件は、まず気温が高いことと湿度が低いこと。花粉症の人には辛いけれども、どちらかと言うと春の過ごしやすいうららかな日って事みたい。

具体的に花粉が飛びやすい日を数字で見ると、摂氏15度以上で湿度が60%以下といわれているんだ。まあそれにプラスすれば、風の強く吹く日には要注意。

花粉症の人にしてみれば、天気が良くてカラッとした春の日に辛い思いをするわけ。まあ天気がいい日は杉の気も元気になるので、思いっきり花粉を飛ばすわけだよね。

もちろん都会のみならず、最近はアスファルトやコンクリートが当たり前。そうなると道に花粉が落ちるのが、これまた厄介。気温や湿度に関係なく、風が強い日には杉が花粉を飛ばさなくっても舞い上がっちゃう。

ちなみに花粉は数十キロは風に乗って飛ぶそうなので、雨が上がって天気が回復した日には要注意だね。もちろん風向きにもよるだろうけれども、春の風とともにあちらこちらに飛んでいくみたい。

ちなみに寒い日や雨の日には花粉の放出量は減るので、花粉症の人にとっては症状は緩和されるはず。だけど昼前に雨が上がって、午後晴れた日には注意したいよね。

つまり杉の木が雨水を吸って元気になり、午後の太陽が照ったところで花粉を飛ばす。朝は症状が楽だったので薬を飲まないで外出すると、帰りは大量の花粉で一気に症状が出てしまう。

だから常に天気予報は頭に入れておきたいし、サラリーマンやOLといった勤め人の人や学生は、朝大丈夫でも帰宅時の事まで考えたほうが無難だよ。

花粉を飛ばす植物は生きているわけだから、気候の変化に敏感に反応する。その反応をしっかりと捕らえないと、花粉が飛びやすい日に無防備になりがちなんだよね。

だから常に花粉症が発症している期間は、花粉の飛びやすい日に注意すること。というよりも、常に備えあれば愁いなしで、点鼻薬や目薬に飲み薬、それにマスクなどは携帯して出掛けることだよね。

人が活発に動けるような陽気の時には、杉も活発に活動する。だから花粉が飛びやすくなるので、くれぐれも注意して外出しようね。


Comment(0)
カテゴリー:花粉症について
エントリー:花粉が飛びやすい日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。