花粉症は和食を取り入れて改善: 花粉症の雑学

花粉症は和食を取り入れて改善

花粉症にはやっぱり日本古来の和食がよいらしくって、食の欧米化による弊害が花粉症とも言われているんだって。

そもそも花粉症になる原因の一つとして上げられるのは、肉食や脂っこい料理。本来の和食文化には無かった料理が、花粉症を巻き起こす原因の一つとも言われているんだ。

なにせ肉類や脂って言うのは動物性のたんぱく質で、どうやら花粉症を巻き起こす免疫力に影響を及ぼすらしい。

そもそも花粉症が起きるメカニズムには、免疫力が作用しているんだよね。本来ならば別に体に悪くない花粉を、悪性の物質として判断する抗体が出来るわけ。

どうやらその抗体が出来る仕組みに、食生活がかなり深く影響しているみたい。和食を守っている老人や、若くてもしっかり自炊して和食生活している人には花粉症患者は少ないとか。

だから花粉に過剰反応しないようにするには、和食中心のメニューが好ましいんだって。まあ普段洋食のフライなどをメインにしていると、なんだか食べた気がしない人もおいだろうけど。

それでも毎年のように春先になると、クシャミに鼻水に悩む人。あるいは目がかゆくて涙がポロポロ出る人は、やっぱり職の改善が必要なんだ。

だからたんぱく質は大豆などの植物や、魚から採るようにして肉類は避けること。生野菜サラダよりおひたしを食べるなど、ちょっとした工夫で和食を取り入れることは可能だよ。

もっともストレスも良くないといわれているので、食べたい物を我慢しすぎても逆効果。そういった気持ちの面も加味しながら、和食と洋食のバランスを考えることだよね。

だけれどもまあ春先の辛さを考えれば、ほんのちょっと食べたいものを我慢する努力は必要。その一口がブタになるっていうダイエット標語じゃないけれども、花粉症も同じようなものだよ。

まずは肉料理を魚料理に換えるとか、生野菜サラダをおひたしにする、パンをご飯にする。そういったホンのちょっとした事から、和食を取り入れてみるといいかも。

花粉症の対策は、まず食生活の改善が必要だよ。だからまずはおじいちゃんおばあちゃんが好むような、和食を取り入れることからべきだと思うよ。

タグ:和食 花粉症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。