花粉症について: 花粉症の雑学

花粉症について:カテゴリの記事一覧です。

花粉症とハウスダスト

花粉症とハウスダストには、結構近い関係があるので要注意。花粉症は花粉に、ハウスダストは小さなホコリやダニの死骸に反応する症状。

どちらも特定の原因に対して反応するアレルギー症状なので、花粉症もハウスダストも原因となるものが違うだけで、そのメカニズムはほぼ同じ。

そもそもウィルスなどと違って、花粉やハウスダストに過敏なアレルギーを起こすことは免疫系がどこかずれてるわけでしょ。

そうなると春先にスギ花粉症に悩んでいる人の場合、今度はハウスダストに対してアレルギー症状が起きることも充分考えられるわけ。

つまり一度何かの花粉等にアレルギー症状を起こした人は、他の物質にも反応してしまうことが将来的に考えられる。

もちろんスギ花粉にしてもある年に突然引き起こるので、ハウスダストに対する反応もある日突然起きる可能性だってあるんだ。

しかもハウスダストの場合には伊勢の中の小さなホコリやダニの死骸といった、殆ど見えないものまで含まれるので厄介なんだ。

だけどこまめに掃除をすることである程度は解消出来るので、毎日しっかりと掃除するだけでも結構違うもの。もちろんその時にはマスクをしっかりして、ハウスダストを吸わないことが重要。

もっとも花粉症の場合にもこの方法は結構有効で、部屋の中を綺麗にすることで外から持ち込んだ花粉を除去できる。最近は花粉を除去できる空気清浄機もあるので、しっかりと利用するべきだよ。

何はともあれ花粉症だと思っていたら、ハウスダストにも反応している場合もあるので要注意。いずれにしても花粉症に悩んでいる人は、必ず一度は病院で血液検査をすること。

単なる花粉症だと思っていたらハウスダストにも反応していたとか、ネコなどのペットの毛に反応している場合もあるからね。

いずれにせよ花粉症にかかってしまった人はアレルギー体質なので、ハウスダストにも要注意。部屋を綺麗にしておかないと、いずれ反応してしまうかもしれないからね。

花粉が飛びやすい日

花粉が飛びやすい日の条件は、まず気温が高いことと湿度が低いこと。花粉症の人には辛いけれども、どちらかと言うと春の過ごしやすいうららかな日って事みたい。

具体的に花粉が飛びやすい日を数字で見ると、摂氏15度以上で湿度が60%以下といわれているんだ。まあそれにプラスすれば、風の強く吹く日には要注意。

花粉症の人にしてみれば、天気が良くてカラッとした春の日に辛い思いをするわけ。まあ天気がいい日は杉の気も元気になるので、思いっきり花粉を飛ばすわけだよね。

もちろん都会のみならず、最近はアスファルトやコンクリートが当たり前。そうなると道に花粉が落ちるのが、これまた厄介。気温や湿度に関係なく、風が強い日には杉が花粉を飛ばさなくっても舞い上がっちゃう。

ちなみに花粉は数十キロは風に乗って飛ぶそうなので、雨が上がって天気が回復した日には要注意だね。もちろん風向きにもよるだろうけれども、春の風とともにあちらこちらに飛んでいくみたい。

ちなみに寒い日や雨の日には花粉の放出量は減るので、花粉症の人にとっては症状は緩和されるはず。だけど昼前に雨が上がって、午後晴れた日には注意したいよね。

つまり杉の木が雨水を吸って元気になり、午後の太陽が照ったところで花粉を飛ばす。朝は症状が楽だったので薬を飲まないで外出すると、帰りは大量の花粉で一気に症状が出てしまう。

だから常に天気予報は頭に入れておきたいし、サラリーマンやOLといった勤め人の人や学生は、朝大丈夫でも帰宅時の事まで考えたほうが無難だよ。

花粉を飛ばす植物は生きているわけだから、気候の変化に敏感に反応する。その反応をしっかりと捕らえないと、花粉が飛びやすい日に無防備になりがちなんだよね。

だから常に花粉症が発症している期間は、花粉の飛びやすい日に注意すること。というよりも、常に備えあれば愁いなしで、点鼻薬や目薬に飲み薬、それにマスクなどは携帯して出掛けることだよね。

人が活発に動けるような陽気の時には、杉も活発に活動する。だから花粉が飛びやすくなるので、くれぐれも注意して外出しようね。


Comment(0)
カテゴリー:花粉症について
エントリー:花粉が飛びやすい日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。