花粉症対策: 花粉症の雑学

花粉症対策:カテゴリの記事一覧です。

花粉症の予防薬

花粉症の予防薬ってあるの知ってる?実は数年前に人に聞いて、花粉が飛ぶ前に医者に行って処方してもらったことがあるんだ。

そりゃあもう花粉症が予防できる薬って事で、思いっきり期待しましたよ。とうぜんスギ花粉が飛んでも、何もおこらないと思っていたんだからさ。

ところが現実はそう甘くも無く、花粉が飛び始めたらいつもと同じ。クシャミに鼻水のオンパレードで、予防薬を飲んだのに何も変わらず。

結局また医者に行くことになったんだけど、耳鼻科の先生曰く「体質が合わなかったみたいだね。」だって。つまり花粉症の予防薬って言うのは、万能じゃないんだ。

もっとも考えてみれば、花粉症とひと言によっても症状は微妙に一人ずつ違う。クシャミがひどい人もいれば、鼻水がひどかったり鼻づまりしたり。他のも目がかゆいとか、涙が止まらないといった人もいるよね。

だから当然のように体質に合う薬って言うのは違うので、どうやらその病院で処方している花粉症の予防薬は、自分には合わなかったということ。

実際に毎晩寝る前に一錠飲むタイプで、花粉が飛び始める2週間前からがポイント。丁度飲み始めたのもいい時期だったし、期待したんだけどねぇ〜。

なんでも耳鼻科の医師の話によると、その花粉症予防薬を飲んでまるで症状が出ない人もいるんだって。もちろんスギ花粉の季節も、その薬は飲み続けるらしいけどね。

それでも毎晩一錠の薬で辛い花粉症が改善できるなら、かなり楽でしょ。だって飛び始めてから飲む対処薬って、たいていの場合は眠たくなるじゃない。

ただですら鼻水が垂れたりして思考力が低下してるのに、それに輪をかけて眠くなるわけだから仕事中は辛いよね。

まあ結局今年も花粉症の予防薬は飲まず、花粉の季節はマスクして外出することにするよ。それでもひどいに日には、対処約を飲んで睡魔と闘うしかないさ。


Comment(0)
カテゴリー:花粉症対策
エントリー:花粉症の予防薬

花粉症はマスクが基本

花粉症と言えばマスクは絶対に必需品になるよね、なにせ花粉を吸い込まなければ症状はでないわけだからね。

もっともマスクをすると花粉症の季節とは言え、ちょっと怪しい人にみられがち。ファッションを考えると、あまりマスクはしたくない人もいるだろうね。

だけれども医者に行っても言われるのは、とにかく花粉症の季節はマスクをして外出しなさいって事。免疫系を刺激しないためには、マスクで花粉をシャットアウトすることが基本なのだろうね。

それに最近は花粉症専用タイプのマスクもどんどん良くなって、以前のようなガーゼタイプから不織布タイプが増えてる。

コンタクトレンズなんかと同じで、花粉症のマスクも使い捨てが普通になってきたんだよね。それに耳のところの紐も柔らかくて、マスクをして耳が痛くなることもなくなってきた。

他にもメガネが曇りにくいタイプとか、鼻のところに針金(かな?)が入っていて、しっかりと鼻にフィットするマスクもあるよね。

それを考えると花粉症のマスクって、機能的にはかなり進化してる。だけど未だに見た目はイマイチというか、マスクをファッションにすることってやっぱり無理なのかなぁ。

それと色は白ばっかりだから、汚れが目立つので要注意だね。女性の場合は口紅がついたりすると、外から透けてちょっと変だったりする。

あとはクシャミをするときとか、マスクをしたままだと内側が汚れるので要注意。まあそういった意味では安いものを買って、こまめに交換するほうが衛生的だよね。

いずれにしても花粉症の時のマスクは、鼻が詰まったときにも口の乾燥を防いでくれる役割だってある。だからやっぱり症状が出た時には、マスクって必需品なんだよね。

花粉が飛び始めたら、外出する時には花粉症専用のマスクを装着。これがまずは花粉症対策の基本中の基本って事なのかもしれないね、見た目は気にせず機能に徹するしかないよ。


Comment(0)
カテゴリー:花粉症対策
エントリー:花粉症はマスクが基本
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。